セカンドハウス購入の際の注意点について

セカンドハウスと聞くとお金持ちのイメージが強いですが、最近では購入しやすい環境にあるといえますが、セカンドハウスを購入する時に注意点を理解して選択する事が大事と言えます。

 

セカンドハウスを購入する時には、基本的に不動産屋から情報提供や購入をする事になりますが、気に入る物件が手に入ったら契約をする事になり、その中で重要事項の説明がある急傾斜地や土砂災害地区等は自分で役所で確認をお勧めします。

 

川がある場合等は、近年災害のスケールが増していることもあるので、周囲の環境も合わせて確認しておくと良いです。

 

セカンドハウスでも防犯の注意が必要で住んでいても空き巣の被害は起こるものです。

 

不在期間が長くなれば被害を知ることも遅くなってしまう事もあるので注意が必要です。

 

不動産会社や管理会社が見回りなどしてくれれば良いですが、セカンドハウスは自分で確認をする事が多いと言えます。

 

確認をおろそかにすると購入してからでは遅いトラブルなどに見舞われる事もあるので、注意が必要です。